Samayaでは賛助会員を募集してい
ます。入会申込書をダウンロードし、
印刷して必要事項をご記入の上、
郵送、もしくは、FAXしてください。

入会規約はこちら (PDF: 87KB)

【PDF: 94KB】

イベント情報



Samayaプロジェクト21寄付講座

【日 時】 令和2年4月8日(水)~7月22日(水)
毎週水曜日 16:20~17:50 全15回
【講 師】 平岡 宏一先生
(学校法人清風学園専務理事 清風中学校・高等学校校長、Samayaプロジェクト21理事)
【履修科目名】 チベット仏教入門(シャンティデーヴァの『入菩薩行論』を読む)
単位 2
期別 春学期
【授業内容】 王族であるシャンティデーヴァはインド仏教最大の名刹ナーランダ僧院に入門する。実際には高い境地の修行者であった彼だが、外からはその生活は寝て食べて排泄するだけに見えた。彼の境地が理解出来ぬ血気に逸るナーランダ僧院の若い僧侶たちは、彼の境地を知る老僧達の忠告も聞かず、シャンティデーヴァを追い出そうとして一計を案じる。それは彼に説法会を依頼して恥をかかせて、自分から僧院を退散させようと考えたのであった。“もしや夜逃げするのでは”との僧侶たちの期待をよそに、説法会当日、玉座に上ったシャンティデーヴァの説法は今まで聞いたどの説法よりも分かり易く、大変感嘆したという。
この説法会の内容が『入菩薩行論』である。チベットで最重要視される教本で、今回はダライ・ラマ法王自身の著された注釈を中心に説明する。この『入菩薩行論』を京都の雲龍院、東京などの勉強会で読んでいるが、そこでの受講者たちの反応から、仏教知識がほとんど無くても意欲さえあれば、十分理解出来ると確信するに至った。YouTubeで流れているダライ・ラマ法王の各地での『入菩薩行論』の説法会を拝聴すると、注釈を読むだけでは理解できない多くの気付きがある。それらを反映させて、出来るだけ分かり易く説明する所存である。半期であるが、授業の終わりには受講者は自身の心の変容に気づく筈である。
【聴講費】 22,000円(別途登録料として年間5,000円)
【お申込み・お問い合せ】 ※受講していただくには、種智院大学の聴講生として登録する必要がありますので、お申込み、お問い合わせは、種智院大学教務課(075-604-5600)までお願い致します。

出願期間 :2020年3月19日(木)~3月30日(月)

種智院大学
http://www.shuchiin.jp/3296/


≪ 一覧へ戻る

HOME | お知らせ | 活動内容 | 法人概要 | お問い合せ | お大師様のことば | 水面の月 | 祈りの風景 | イベント情報 | ブログ「SHOJIN」 | 入会申込書(PDF)